さっぽろコンテンツマーケット「スポットライツとは?」

スポットライツは、短編映画を中心としたデジタルコンテンツのマーケットサイトです。

マーケットの愛称「スポットライツ」とは、作品の権利(rights)にスポット(Spot)を当てるという意味を込めた造語です。
この愛称からも分かるとおり、作品を視聴者にひとつひとつ売るのではなく、上映権やDVD化権などの権利を売買するためのマーケットです。
映画監督などのクリエイターはいつでも作品を登録することができ、バイヤーは気に入った作品の視聴、権利状況の確認、クリエイターへのコンタクト、要望に応じた作品募集などができます。
また、世界中の映画祭がこのシステムを利用して作品を募集することもできます。

スポットライツには大きな特徴が2つあります。

ひとつめは、類似動画検索システム。視聴した作品の中で気に入ったシーンがあれば、そのシーンと類似した映像が含まれている別の作品を検索することができます。
もうひとつは、マーケットに登録されている作品の管理や情報提供、契約のサポートなどを行うコーディネーターの存在です。
世界中から集まったデジタルコンテンツを、世界中から集まったバイヤーがいつでも取り引きできるウエブ上のマーケット、それがスポットライツです。

スポットライツは、財団法人さっぽろ産業振興財団が運営しています。

スポットライツは、札幌市が資本金の50%以上を出資した法人の、財団法人さっぽろ産業振興財団が運営しています。

バイヤーの方へ

さっぽろコンテンツマーケット「スポットライツ(Spotrights)」は、登録制(有料、価格未定)のマーケットサイトです。

登録した方には、申し込みから1年間有効のアカウントを発行します。
マーケット内の多くの作品は、動画視聴ができるほか、アジアやヨーロッパなどのエリアごとに、DVD化権やテレビ放映権、インターネット放映権、モバイルメディアでの使用権の状況などが確認できます。また、監督など制作者への連絡先情報も掲載しています。

スポットライツには、類似動画検索システムがあります。視聴した作品の中で気に入ったシーンがあれば、そのシーンと類似した映像が含まれている別の作品を検索することができます。
そのほか、ご要望に応じた作品の募集(有料)や視聴した作品などをアーカイブするマイリストの作成なども可能です。
また、マーケットに登録されている作品の管理や情報提供などを行うコーディネーターによる、権利獲得交渉や契約書作成のサポート(有料)を提供しています。

クリエイターの方へ

さっぽろコンテンツマーケット「スポットライツ(Spotrights)」は、無料で作品を登録できるマーケットサイトです。

制作国や作品時間、ジャンル、セリフの有無など作品の詳細な情報や、アジアやヨーロッパなどのエリアごとに、DVD化権やテレビ放映権、インターネット放映権、モバイルメディアでの使用権の状況などの情報を登録できます。
また、登録者が希望すれば、バイヤーなどの利用者向けに作品のストリーミング配信をすることができます。

24時間365日、世界中のバイヤーに自分の作品をPRできるほか、札幌国際短編映画祭をはじめとする多数の映画祭へエントリーすることもできます。
さっぽろから世界へ!あなたの作品を発信してみませんか?